大きめの画像を上げるブログっす!


by gd3inside

比較三原色...。

今日はGW特別企画・・と言うことで、久々にデジカメの比較をして見ましょう・・。こういうのって気合が入りますね・・。

さて、今回ご用意したデジカメはと言うと・・。

d0117248_20234884.jpg


・・右から、Nikon D40、中央、Canon Powershot A85、左Genius D610というラインナップです。ここで、ちょっとデジカメを紹介・・。

まず、言わずと知れたNikon D40ですが、一眼デジカメのエントリーモデルです。610万画素と本体475gという圧倒的な軽さで、今やベビーニコンの代名詞的存在となりつつありますね・・。そして、私もその魅力に撮り付かれた(?)一人です・・。(価格:70000円台@49000円(後継D40Xが出たのでかなりお安くなりました(汗)))

次、Powershot A85、CanonはフルオートモデルのIXYシリーズと、プチハイエンドなPowershotシリーズがあります。・・・まぁPowershotと言ってもSモデル・Gモデルなどと言った一眼に違いクラスも存在していますが、このA85はPowershotの中でも中間的存在。ミドルクラスで400万画素・・。さて、その実力や如何に!?(価格:36800円@7800円(キタムラの中古にて購入))

そして、穴馬、Genius D610・・。中国製激安デジカメ・・。実はこれ、660万画素相当の性能があるらしいです。故にこの3台の中ではもっとも画素数が多いと・・。とはいえ、デジカメ内でデジタル処理をすることによって660万画素クラスになるという触れ込みで、実際には330万画素程度らしいです。(価格:12800円@9980円)

さて、この3者で画質等を検討して行きたいと思います。まずは、D40から・・。(評価はオリジナルの画像にて行っております。)


D40
d0117248_20374248.jpg


撮影詳細:1504×1000ピクセル・FINE・絞り優先他はフルオートにて撮影後、XPの圧縮機能で1024×768にトリミング・・。オリジナル→約800KB

評価・・うーん、文句無いですね・・。色と言い画質と言い文句なしの仕上がり。色があせている様に見えますが、実際はこの色です。瓦一つ一つがつぶれずに表現されていて好印象です。三原城の木々が浮き上がって見えます。夕方の陰影もそこそこ出てて良いです。絞ってあるので中央以外はややボケ気味ですけどね・・。粒度は無いです。さすが一デジ・・。

次にPowershot A85です。

A85
d0117248_20445118.jpg


撮影詳細:1024×768・スーパーファイン・その他はフルオート。XPの圧縮機能にてD40と同じくトリミング。オリジナル→約500KB

評価:をを!すばらしい!!特に期待していなかった緑の配色がお見事です。実際にはかなりどぎついんですけどね・・DIGICエンジンが効き過ぎているのか!?とにかく緑色がかなり鮮鋭に写ってますね・・これほど撮れるとは思いませんでした・・。シャープさもそこそこ、瓦もD40程ではないですが、かなりいい具合です。上下左右の端が暗めに出ているのはこのA85の限界でしょうね・・。そういうデメリットを補って余りある画像です。普通にLサイズに印刷するならこれで十分な気がします。7800円恐るべし(笑)

最後に、Genius D610です。

D610
d0117248_20534050.jpg


撮影詳細:1280×960で画質FINE・撮影はフルオート(WBなんかもつついていません。)オリジナル約300KB

評価:
・・
・・・
ん、なんだこの画像は!?まるで他所の惑星のようです(汗)あまりにも赤みがきつく、WBきつめ・・夕方の撮影にはまるで向いていませんね。炎天下だとちょっとはいいんでしょうけど・・。ところどころに赤い波があって、粒度も酷い。ただし、下側を見るとそれ程悪くない部分もあるので、ひょっとしたら調子が悪いのかも!?お世辞にもオススメできない画像である(汗)

総合評価:とりあえず、D40の性能は当たり前として、頑張っているのはA85・・。発色が誇張している部分も多いが、これだけ撮れるってのは見事。(D40を褒めてもあまり意味が無い。当たり前だし・・。)これだけの性能が7800円で購入できるってのはすばらしいことです。D610は・・最初は粒度はあれど普通の晴天時には縮小すればまぁそこそこ見れる画質だったんですが・・、それでもコンデジとしては全くオススメできない。やはり購入するのならいくら中古でも国産がいいです。(笑)

[PR]
by gd3inside | 2007-05-01 21:01 | D40 Photos